レバーペーストのような食感のレバーのオイル漬けを作る

鶏レバー

何かの本で読んだ、塩水につけた茹でレバーがやたら美味しかったんだけど、色がすぐに変化して気持ち悪いので、色が変わらない方法を考えてみた。
ふんわり柔らかく、それでいてこってりしたレバーの味わいが存分に楽しめる逸品です。

材料・・・2人前

鶏レバー・・・2羽分

ハツがくっついてる物だとなお良い。
ドリップのでていない新鮮な物を選ぼう。

塩・・・大さじ3強

たっぷりいる。

オリーブオイル・・・200cc

適当なものでいい。

アンチョビ・・・2枚

味わいが複雑になる。

ニンニク・・・2かけ

輪切りまたはみじん切りにしておく。

乾燥唐辛子・・・1本

中の種は取り除いておくこと。

作り方

レバーを一口大に切り、血を水で洗い流す。
脂肪がついていたら軽く取り除こう。

鶏レバー

飽和食塩水を作る。
ボウルに水をカップ2ほど入れ、大さじ2強の塩を入れてよく溶かす。

鶏レバー

しっかり混ぜても沈殿するような濃さがいい。
この中に先ほど切ったレバーを入れ、40分ほど漬け込んでおく。

その間にオイル漬け用のオイルを作る。
耐熱皿にオリーブオイル、ニンニク、乾燥唐辛子を入れ、レンジに600wで3分半ほど加熱する。
耐熱皿が無ければフライパンで加熱してもいい。
ニンニクを焦がさないように注意しよう。

IMG_4056

アンチョビを包丁で刻んでペースト状にし、加熱が終わったオイルとよく混ぜる。

IMG_4059

レバーが浸けて40分経ったらザルにあけて水を切り、鍋にお湯を張って最高潮に沸騰させる。

IMG_4066

その中に一気にレバーを投入し、火を止める。

IMG_4068

蓋を閉めて20分放置。

20分経ったらザルにあけて水を切りオイルに15分ほど常温で浸す。

鶏レバー

器に盛りつけてできあがり。

鶏レバー

レバー好きにはたまらない味

軽くクレイジーソルトを振ってもいいし、スライスオニオンを載せて食べてもいい。
濃厚なレバーの味わいが口の中に広がるが、火を通したレバー特有のばさつく感じは一切ない。
レバー好きにはたまらない味。
茹でたのをそのまま食べても美味しいが、あっという間に色が緑色になって気持ちわるくなるので、オイル漬けにして緩和してみた。
アンチョビやニンニクの風味がレバー特有の臭みを和らげ、濃厚な味わいを楽しめるようになっている。
残ったオイルも捨てず、オイルパスタにしても美味。
1日程度なら冷蔵庫で保存が利くが、すぐに食べてしまった方がいいと思う。
出来上がりのほんのり暖かいときが一番旨い。
パーティをするときにオードブルに添えたりするとものすごく喜ばれる。
フルーティーなワインと相性抜群なので、キリッと冷えた白ワインでも用意してがっつり飲もう。
レバー好きなら是非お試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)