しばらくEDF:IAをプレイしてみたわけだが。

>うん。やっぱ別ゲーだわこれ。
最初は派手でグラフィックも綺麗だからおおっ!っと思ってプレイしていたけれど、プレイしていくうちに???ってなることもちらほら。


EDFは単純だけども奥が深いっていう、詰将棋的な面白さがあったけど、このアメ版は全然そういうところがない。
ただワラワラ敵が出てくるのを粉砕するだけ。
リロードもタクティカルリロードの採用と弾を撃ち切らなくてもリロードができるように変更したため、考えながら銃をぶっぱなしたり、リロード時間を考慮しつつの武器の持ち替えなどもないため、なんとなく大味に。
しかもタクティカルリロードのタイミングが全然わからん。
Gearsでもタクティカルリロードを採用しているけど、ちゃんと線に触れたときにボタンを押せばリロードされるが、これはちょっと早めに押さないとされないやたらシビアなタイミングになっていてイライラする。

エネルギーシールドもかなり強く、エネルギーシールドを貼りながら銃を撃ちまくれば無敵。
自分の爆風すら防ぐ。エネルギーを消費しきったら消えるけど、回復すればまた貼れるのでかなり強い。

巣の破壊が近づいて爆薬の設置っていうのもまた腹立たしい。
爆薬の設置に数秒かかるのだが、攻撃をされるとリセットされてまた数秒かかるようになるため、仲間の援護が不可欠だがCPUだとバカでなかなか援護がない。
敵は沸きまくるし、援護はないしでなかなか仕掛けられなくてイライラ。

どの武器で巣を破壊するか?っていうの面白いところだったのに。
ロングレンジでライサンダーをぶっぱなして破壊したり、近づいてショットガンで粉砕したりといろいろ方法を考えるのもまた醍醐味だったのに、破壊方法がひとつだけになったことでまた大味に。

あと武器名が英語で分かりにくい。
何を手に入れたのかもわからない。細かいところの配慮が足りないと思った。

変わったところが全てダメというなかなか珍しいゲーム。
EDFの良さを何も分かっていない人が作ったのかなという感じがした。

EDFと思わないで買えば楽しめるかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)