apple magic trackpad レビュー

magic trackpad

ノートパソコンを使っている人でマウスを使っている人。

デスクトップでマウスを使っている人。

ポインティングデバイスとして使っている人が沢山いると思うけども、
Magic Trackpadを使っている人はあまりいないと思う。

PCでネトゲとかFPSとかやる人はマウスじゃないと駄目だと思うけど、テキスト入力したり、狭い机の上でマウスガチャガチャ動かすのなら、magic trackpad使ってみるとびびると思う。便利すぎて。

MacのトラックパットはWindowsのそれとは段違い

俺はMacBookProで初体験したんだけど、あまりの使いやすさに驚いた。

MBPやMBのタッチパッドはmagic trackpadなので、使い勝手はほぼ同じ。

大きさが違うくらい。

Macには1ボタンしか無い!右クリック無いなんて!なんて未だに言う人がいるが、そんなもんじゃない。

ボタンがない。

ただの板。

押し下げればかちっと音が鳴ってクリックになるが、殆ど使わない。

1本指でタップすると左クリック。

1本指でスワイプ(タッチしながら指をスライド)するとポインタの移動。

2本指でタップすると右クリック。

2本指でスワイプするとスクロール(マウスの中ボタンみたいなもの)

3本指スワイプでドラッグ。

4本指スワイプでプログラムウィンドウの変更。

指の本数と操作の仕方で様々なことが出来る。

これになれちゃうととてもじゃないけどほかのノートPCのタッチパッドなんて使えない。

指を動かしてポインタを動かすのは当たり前として、全く意識せず右クリック、左クリックを指がどの位置にあっても出来るのがいい。

マウスいらずの使い心地

何度も行う作業の中で、どれだけストレスを削るかが重要だと思うんだけど、ノートパソコンでのタッチパッドの作業はマウスよりどうしてもストレスがたまってしまう。

マウスの方がポインタ移動、クリックともにマウスに軍配が上がるけど、Magic trackpadはマウスと同じか、単純作業だと場所がとらない分マウスより使い勝手がいい。

Windows使っている人も、これだけのためにMacにコンバートする価値は十分にある。

たまにWindowsノートのタッチパッドを触るときがあるが、いちいちスクロールバーにポインタを持って行ってスクロールしなきゃいけないのにとってもイライラする。

最近は指スクロールが出来るタイプも増えてきたが、タッチパッドの端をなぞるとスクロールしますとか謎仕様だったりするし、直感的に使えないのが不満。

使い勝手の悪さにノートパソコンにマウスを接続して使っている人がいるくらい。

そういうのが一切無いmagic trackpadに感動した。

まぁ、言葉で説明するのが大変だから、動画で見てほしい。

会社ではiMac+magic trackpad使ってるけど、やはりいい。

まずmagic trackpadでこの素晴らしさを体験してみてほしい。

これを体験してしまうとMacBookやMacBookProがほしくなるよ。

俺にとってはなくてはならないデバイスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)