iOS4.3でパーソナルホットスポット(無線テザリング)機能実装キター!(iPhone4のみ)

>ついに11日、iOS4.3へのアップデートにより、パーソナルホットスポット機能(無線でのテザリング)が実装された!
日本ではSimフリーiPhone4のみ使用可能。
有線だと3GSでも使えるはず。

SimフリーiPhone4の契約方法は、
SIMフリーiPhoneをdocomo回線で使うの記事を参照してね。

早速設定してみた。

まずiPhone4の設定。

※画像はクリックすると拡大されます。

モバイルデータ通信ネットワークのインターネット共有の設定

設定→一般→ネットワーク→モバイルデータ通信ネットワーク→インターネット共有のAPNに
mopera.netと入力。

すると設定に”インターネット共有”という欄が追加される。

もし表示されなければ、
設定→一般→ネットワーク→下にスワイプして、したから3番目の欄にインターネット共有がある。

そこからインターネット共有をオンにする。

WiFiのパスワードを設定し、iPhoneの設定は終了。

他の端末をiPhoneに接続する

iPadを接続

設定は普通通り設定→一般→ネットワーク→WiFiを開き、
iPhone4(デフォルトだと○○のiPhone4となっている)を選択。

iPhone4で設定したWiFiパスワードを入力する。

iPhone4にチェックがつけば接続完了。

つなげると、iPhone4側はこんな画面になる。

回線速度も2Mでた。ほぼ3G回線と同じ。
こりゃiPad3Gいらないわ。

Nintendo3DSを接続

ちなみに、パーソナルホットスポットのセキュリティはWPA2-PSKで、
DSi以降のDS、3DSは対応している。

3DSは、本体設定→インターネット設定→インターネット接続設定→接続先の登録
を選択後、自分で設定するをタップ。
アクセスポイントを検索をタップすると、iPhone4が現れる。

iPhone4をタップし、
WiFiパスワードを入力すればつながる。

残念ながら、PSPは接続できなかった。
PSPはWPAまでしか対応していないため、
WPA2-PSKのiPhone4パーソナルホットスポットには接続できない。
SONYは対応する気がないらしく、接続は絶望的。

PCと接続するときはPCのWiFi接続の方法を参照してね。
接続機器により方法が違うので。

常にパーソナルホットスポットをオンにしていても大丈夫だと思うが、
iPadのモニターをオフにしても接続しっぱなしになるので、
iPad仕様終了後はiPhone側から切断するか、
パーソナルホットスポットをオフにするほうがいいかもしれない。
iPhoneが家などのWiFiに接続されると、自動的に切断される。

使い勝手はかなりいい。
電池のもちも思ったほど悪くないと思うが、
今度検証してみよう。

テザリングはDocomoのみ

俺の予想だとSoftBankはテザリングには対応しないと思う。
なぜなら、パーソナルホットスポットでiPadWiFiが接続できるなら、
iPhone4を持っている人は、iPad3Gがいらなくなる。
そうすると売れなくなるから新規契約が望めなくなるし、
iPhone4+iPad3Gの契約者は、iPad3Gの解約に走ると思う。

それに、iPhoneでテザリングバリバリされたら
SoftBankの脆弱な回線が圧迫されて死ぬ。
SoftBankの戦略はiPhoneで会社に先進的なイメージを植え付けるために
会社の総力を挙げて売っている物だから、
利幅が薄い。
そのわりに帯域をやたらと使う。
ただでさえiPhoneのトラフィックは帯域を圧迫しているのに、
iPad3Gの売上を減少させ、
さらにトラフィックを増やすテザリングはSoftBankにとって、
目の上のたんこぶとしか言いようがない。

万が一SoftBankがテザリングを開放するとしても、
テザリングをする人はプラス5000円払ってね!とか、
別プランになると思うし、従量制か帯域制限等、
トラフィックを極力削減する対策をすると思う。

テザリングも無かったことにしているくらいだから、
このまま無視すると思う。
都合のいいことしか、やりましょう!とか言わない卑怯者だからね。
SoftBankでiPhone売るのは罪だわ。

あと、docomoからMicroSIMが発売決定!
4月1日のSIMフリー化に伴い、MicroSIM端末に対応するためらしい。
これでSIMカッターでガクガクしながら切る必要無くなったね!w

あとMMSにさえ対応してくれれば、
SIMフリーiPhone売れまくると思うんだけど。
まぁ、imodeに固執するdocomoじゃ無理だろうな。

でもスマートフォンが流行れば嫌々でも対応するかも。
それに期待。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)