【MVNO】IIJmioのデータ通信専用SIMを使ってみた【972円】

iijmio

iPadで使っているdocomoのデータ通信SIMの二年縛りが解けたので即座に解約し、IIJのデータ通信専用SIMに変えてみた。

安い

iPhoneに比べ、iPadはそれほど外で通信しないので、3Gで契約。
データ通信専用SIMは月3Gまでで972円。
安すぎ。
docomoのデータ通信SIMは月4,600円/3Gだったので、まさにケタ違い。

回線速度は早かったり遅かったり。

速いときは40Mbpsくらい出るが、混線時間帯は精々2Mbps程度。
速いときは速いが、混線時はかなり遅い。
混線時でもブラウジングくらいなら全然問題ないが、高画質動画をゴリゴリ見るのは辛い。
家にWi-Fiがなく、メインで使うには辛いんじゃないかな。

通信可能にするには

SIMをiPadに刺しただけでは通信できない。
IIJのサイトからiOS用のプロファイルをダウンロードしてインストールするか、設定→モバイルデータ通信→APN設定欄で手打ちする。

設定情報はSIMが入っていた用紙に記載されている。

IIJmio

LTEを掴むのが遅い

データ通信専用SIMは最初LTEを掴むまで時間がかかる。
IIJのサイトにも書いてあるが、30分ほど放置しないと掴まないらしい。

一度3Gのエリアに行き、またLTEのエリアに戻ってもすぐにLTEを掴まない。
これがなかなか厄介。
これはIIJだけではなく、どのMVNOのデータ通信専用SIMでもなる。
このLTEを探索している状態は電力を使うのもまた厄介。

対応方法

対応方法は二つある。

SMS対応SIMを契約する

SMS対応のSIMを契約すると、すぐに掴む。
ただし、月々の料金は1,123円になる。

モバイルデータ通信をオフオン

データローミング、LTE回線を使用、モバイルデータ通信の順にオフし、モバイルデータ通信、LTE回線を使用、データローミングの順にオンにする。

IIJmio

オンにしてから10秒程で掴む。

概ね満足

速かったり遅かったりとMVNO特有のチープ感はあるが、4,600円/月と比べたら圧倒的なコストパフォーマンス。
思い切りコストダウンできて満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)