iOS版ATOKキーボードを購入してみた

購入自体はかなり前にしていたんだけど、記事は書いていなかったので。

あ、日曜日はブログ休みです。
家族サービスが必要なんです!

ATOK for iOS -日本語入力キーボード
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
価格: ¥1,600(記事掲載時)

使い勝手

使い勝手自体は結構いい。
iPhone6Plusだと、キーボードを右寄り、左寄りに出来るので、iPhone5sと同じように入力できる。
これのおかげで標準キーボードより非常にフリック入力しやすい。
これはメモリの関係でこうしているらしいが、自分としては片手でサクサク入力できるのでこっちの方が使いやすいね。

ATOK for iOS

インライン入力も可能

当初出来なかったインライン入力も、今は出来るようになった。

ATOK for iOS

設定でオンオフが可能。
ATOKアプリを起動し、設定をタップ。

ATOK for iOS

カーソル位置に入力をオンにすればインライン入力が出来る。

ATOK for iOS

ATOKSyncとの同期もできる

いつの間にかATOKSyncとの同期も可能になった。
これでMacにインストールされているATOKと辞書を同期することができる。

同期するには、設定のATOK Syncをタップ。

ATOK for iOS

ATOK Syncを有効にするをオンにし、ユーザー名とパスワードを入力すれば同期する。

ATOK for iOS

iOSに登録されている辞書も取り込み可能

設定→一般→キーボード→ATOK→フルアクセスを許可をオンしてフルアクセスモードにしておけば、iOS内の辞書を取り込むことができる。

ATOK for iOS

オンにしたらATOKアプリを起動し、単語登録・定型文登録をタップ。

ATOK for iOS

iOSユーザー辞書から登録をタップ。

ATOK for iOS

登録をはじめるをタップすると辞書をATOKに移植できる。

ATOK for iOS

致命的なバグ

iPhone6Plusに出やすいバグらしいが、たまにキーボードが画面に出なくなってしまうという致命的なバグが存在する。
こうなるともう何もできない。
再びキーボードを出すためには、設定→一般→キーボード→ATOK→フルアクセスのオフオンを行う必要がある。

ATOK for iOS

これはかなり面倒。
iOS8.3時点ではまだ解決していない。
ATOKキーボードだけでなく、外部キーボードを使っていると出るiOSのバグらしいが、不便すぎる。

使い勝手自体はいいのだが・・・

使い勝手自体はいい。
片手打ちも出来るし。
でも、なんといってもキーボードが出なくなるバグがだめすぎる。
気合いで使ってるけど、その現象が起きるたびに設定を開かなきゃいけないのが非常に面倒。
8.4で解決していることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)