副業と税金 その2【株・FX・ビットコインでの税金の違い】

副業と税金 その1【雑所得・事業所得】

副業で株を始めるよ!ならその税金は何になるの?というお話。
株、FX、ビットコインの違いについて。

全部同じじゃないの?

株、FX、ビットコイン。
安い時に買って、高い時に売る。
全部そうなんだから同じじゃないの?と思うかもしれないが、税制が全然違う。
株は売却益に対して20%の税金。
これは本業の収入が幾らあろうが関係なく一律20%。
それ以外のFX、ビットコインの売却益に対する税金は雑所得となり、本業所得+FX、ビットコインの売却益に対して所得税がかかる。

株での利益の場合

年収500万円のひとが株で2000万円利益を上げました!
税金は株の売却益2000万円の20%、400万円と500万円に対する所得税役50万円で450万円が税金額となる。
もし株での売却損が出た場合、次に売却益が出たとしても相殺できる。
A株で100万円売却損が出ました。
でもB株で100万円利益が出ました。
本来ならB株で100万円の20%、20万円が税金となるが、A株での売却分と相殺され0になる。
さらに厚生年金額などに株の売却益は影響がない。

FX、ビットコインの場合

FXやビットコインの場合は株の売却益とは税カテゴリが違い、売却益は全て雑所得となる。
競馬などと同じ扱い。
なので、FXやビットコインで2000万円の利益が出た場合、本業の年収500万円と足して2500万円に対して所得税がかかる。
2500万円に対する所得税は約580万円。
さらに厚生年金や健康保険料、雇用保険料なども2500万円の収入を元に計算されるため跳ね上がる。
雑所得は非常に重い税金負担になる。
さらに、損が出た時の赤字は黒字と相殺できない。
損は損。
利益は利益。
500万損した後に200万利益を出したとしても200万円+本業所得に対して所得税がかかる。
うーん。鬼畜。

まず株や投資信託がおすすめ

不動産を持っているなら不動産投資もいいが、元手が何もないなら株式投資がおすすめ。
失敗しても自分のお金を失うだけ。
ただし、信用取引など借入をすると破滅する可能性が跳ね上がるが。
株式投資は企業に対してお金を投資し、企業が社会活動を行なって雇用を生み出し、社会を豊かにする社会活動の側面がある。
だから税制が優遇されてる。
それに比べてFXやビットコインは社会に対して何にも益をもたらさないため、税金もただの雑所得扱いになるため、リスクも税負担も重い。
絵を描く才能も何もないよ!という人も株は買えるでしょ?

まず少額から

すぐ欲を出して大金を投入してもあっさり溶かすだけ。
iDeCoでも積立NISAでもいいから、少額から始めてまず慣れよう。
投資も世の中もうまくいかなくて当たり前。
でも、知識をつければわかってくることもたくさんある。
お金を投入することで世の中にも興味を持つ。
それが株の醍醐味でもある。
世の中簡単にお金を儲ける手段などないが、知識や経験を積むことで自分の労働力を使わなくても稼げるようになるのもまた事実だ。
世の中厳しい時代だからこそ、独力で財産を生み出す力を身につけよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)