【小ネタ】Subsonicで日本語名アーティストをソートする【アルファベット順】

Subsonicは日本語化がザルなだけあって、日本語フォルダはあいうえお順にソートされない。
全部#にぶち込まれてしまう。
なかなかこれが不便。
なので、せめてアルファベット順でいいのでソートされる方法を考えてみた。

非常に単純

フォルダ名の頭にアルファベットを入力するだけ

Subsonic

すると、アルファベット順にソートされる。

Subsonic 1

うん。これだけなんだけどねw
#にごちゃっと固まるのが嫌だったので、こういう表示に変更してみた。
()や[]を入れて冠詞の削除に登録してみたんだけど、#に固まってしまってダメだった。
なのでこの仕様に落ち着いた。

アーティスト名にアルファベットが入るなんてヤダヤダ!!
って人にはおすすめしないけどね。
それならアーティスト名を全部ローマ字入力したほうがマシ。

新サーバーの日本語化も忘れずに

CentOS6のフォルダの表示等を日本語表示に対応させるのを忘れずに。
そうしないと文字化けするかもしれない。

[root@ ~]# vi /etc/sysconfig/i18n エンターキー

LANG=”C

LANG=”ja_JP.UTF-8

に変更し、:wqで保存。
これでCentOS6は日本語化された。

WebDAVの設定記事にも投入しておかねば。

いやー、それにしてもSubsonicは便利だわ。
最高!

【小ネタ】Subsonicで日本語名アーティストをソートする【アルファベット順】」への2件のフィードバック

  1. BG-5

    >くずのはさん、こんばんは。

    Subsonic、すごくお気に入りっぽいですねw
    私も早く着手したい!

    先日からのCSV問題、やっと解決しました。
    くずのはさんのアドバイスのおかげです。ありがとうございます。en_の部分をja_に直していなかったのが原因でした。「にわか、ここに極まれり」って感じで、お恥ずかしいです…

    ということで、明日Subsonic導入します!

    返信
  2. 葛葉キョウジ

    >おお、直りましたか。よかった。

    Subsonic最高です!
    CDをリッピングして出来たフォルダをドラッグ・アンド・ドロップでWebDAVに入れるだけで聞けるんですからね!
    最強に便利です。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)