英語の勉強をしてて思うこと。

>毎日10分〜30分英語の勉強をしてるんだけど、中学生レベルくらいにはなってきた。
が、相変わらず文章は作れない。
街中に書いてある英文くらいは読める。
人が着てるTシャツの文字を読んだりすると笑える。

読むのは簡単な文章であれば読めるけど、ゲームとか複雑な文法はわからない。
ヒアリングと同時に文章を読んでいくのがついていけない。
ゆっくりだったり、ポーズ出来ればわかるんだけどね。
1年続けてもその程度にしかならないだなこれが。
勉強時間が少ないのかもしれないけれども、とにかく毎日英文に触れることが大事だと思う。
簡単な文章だとすんなり頭に入ってくる。

日本語の文法は英語などの他の文法と全く違うから、とにかくなれが必要。
これが日本人が英語を覚えられない最大の障壁になっていると思う。

たとえば、

Have you seen a boy named Hiroshi?
という文章がある。
日本語にすると、
タケシという名前の少年を見かけませんでしたか?
となる。

文章を解体すると、
Have you seen(見かけませんでしたか?)a boy(少年を)named Hiroshi?(名前はヒロシ)

見かけませんでしたか?少年を名前はヒロシ。

日本語としては変だけど、日本語以外のほぼすべての言語はこういう文章構成で、日本語がかなり不思議な文法になってる。

頭の中で日本語に訳しながら文を読んでいくと全くついていけない。
なぜなら文章をすべて聴き終わるまで訳すことが出来ないから。

上の文章ならなんとか解かるけど、もっと文章が複雑になってくるとやばくなる。
だから、頭の中で訳しながらやってると日本語の文章にしているうちに( ゚д゚)ポカーンってなってしまう。

だからまず、英文に慣れなければならない。
というより、この文法になれないと話しにならない。
単語を覚えても、文法を理解出来ないと文章がそれほど理解出来ない。
これが辛い。
他の言語圏の人は、文法の作りは同じなので、単語や熟語、発音をを覚えてしまえば話せるようになる。
もうものすごいハードルの違い。

だからとにかく慣れるためにひたすら毎日少しでもいいから文章を読む。聞く。
続ければ少しずつ慣れてくる。
多分5年くらい続ければ、ある程度はわかるようになるんじゃないかな。

とにかく続けることが大事。毎日続けると脳が適応してくる。
東洋水産の創業者は老人になってから英語の勉強を始めたけど、5年間毎日続けてできるようになった。
ネイティブのように話せるようになるのは無理。
だけどそれはみんな無理。

毎日やる!少しでもやる!トイレとかでもいい。
学校や仕事の勉強以外で勉強すると楽しいよ。

True talent comes from belief in yourself,in your own power.
真の才能は、自分自身と自分の力を信じることから生まれる。

True talent(真の才能は)comes from(からくる。(生まれる))belief in yourself,(あなた自身の信念と、)in your own power.(あなた自身の力)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)