不動産投資とは何なのか? その2【仲介】

不動産投資を始めるまでは、不動産サイトは住みたい人が物件を買ったり借りたりする物件売買サイトだと思ってた。
まぁ実際そうなんだけど。
不動産投資家もめっちゃ使うというか毎日のように見る。

同じ不動産がたくさん売られてる?

Rreal estate1

これはSUUMOのサイトから引用してるんだけど、上下同じ物件。
たまに7つとか8つとか同じ物件が売られる時がある。
何なのこれ?と思うかもしれないが、不動産は売主がいて、不動産屋が仲介をする。

仲介とは

仲介とは、売主に代わって不動産屋が不動産の買い手を探すこと。
例えば1000万の不動産を買ったら50万弱の仲介手数料がかかるが、実はこれは売主からも取れる。
これを両手と言うんだけど、これで不動産屋は100万の利益を得ることができる。
SUUMOなどのサイトに手数料を払うため厳密に言えばそこまで単純ではないけど。

たくさんの不動産屋が同じ物件を売っている

なので、実際上記の写真は同じ一つの物件なんだけど、仲介不動産屋がシノギを削って売っている、と言うこと。
仲介するだけで下手したら数百万の仲介手数料が手に入るから美味しいことこの上ない。
売る力がなきゃダメだけど。

どれを選べばいいの?

どこで買っても同じ物件。
ただ仲介不動産屋が沢山いるだけ。
ならどこを選べばいいの?と言う話になる。
これは、どこで買っても同じだが、自分ならどこからも買わない場合がある。
意味わからないと思うけど、これには理由がある。

まず内見

まず物件を見なければ話にならない。
上からでも何でもいいから適当に不動産屋を選び、内見に行く。
リフォーム済みの物件であれば、大体売主が不動産屋の場合が多い。
仲介不動産屋と話しているときに、売主の名前が出ればしめたもの。
覚えておいて売主に連絡して直接購入する。
出ない時はリフォーム業者はどこだったのか聞いたり、登記簿を取ればあっさりわかる。

仲介手数料が浮く

売主から直接購入すると、仲介不動産屋を通す必要がないので仲介手数料がかからない。
だからさらに売主に値引き交渉をする。
大体自分の場合は本来かかったであろう仲介手数料の半額を打診してみる。
それでも売主としては余計経費がかからない分絶対乗ってくる。
ただ、不動産屋にあまり過激な値引き交渉をしても乗らないので、半額くらいにとどめておいている。
そうすると、もし仲介手数料100万だった場合、払わなくなって良くなった100万+値引き分50万で150万お得に買える。
これは不動産投資用物件だけでなく、普通に住む物件でもできる。
でも売主が個人の場合は不動産屋ではないため無理というか、かなり難しい。

とりあえず安く買えるに越したことはない

不動産投資で利益を出すには、どれだけいい立地の物件を買うか、どれだけ安く買えるかどうかが重要。
安く買えばそれだけペイするまでの期間が早くなる。
ペイした後は売ったらそのまま売ってもよし、保持し続けてもよし。
ただし、サブリース会社に新築アパートを買わされた場合は話は別。
これはまた別の時に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)