スープカレー

>札幌にGARAKUっていうスープカレーの店があるんだけど、そこでスープカレーを食ってすっかりハマってしまった。
とにかく野菜がうまい。
野菜15種類のカレーが超おすすめ。
揚げ野菜がものすごいうまい。
揚げブロッコリーがやたら旨くて、ブロッコリーの概念が変わる。

ご飯にレモンがついてくるんだけど、レモンをご飯に絞り、スープカレーを一緒に食べると至福!
旨いんだなー!肉一欠片も入ってないのにおいしい。
札幌に来たら超おすすめしたい。
が、平日じゃないと激混みなのでおすすめできない。

で、スープカレーにハマったはいいものの、めったに札幌には行けないのでそうそう食べられない。

で、自分で作ってみることにした。
とはいえ、スープから作るのも激しく面倒くさいのでスープカレーの素を使うことに。

ベル食品のスープカレーの素を使ってつくってみた。

あら。めっちゃ旨い。ベル食品侮れねえええ!!!

というわけで作り方。

スープカレー(4人前)

材料
ベル食品スープカレーの作り方180g 1本(たぶん他のでもいいと思う。)
水 800cc
にんにく 2かけ
オリーブオイル 適量
ブイヨンの素 2個
中華スープの素 大さじ1
ベーコン塊 100g
トマト 2個
ブロッコリー 1房
オクラ 8本
ししとう 数本
レンコン 薄切り4枚
レモン 半個
ご飯 4膳

鍋(テフロン加工)にオリーブオイルをいれ、スライスしたトマトを焼く。
中火で片面2分づつくらい焼き、水分をある程度飛ばす。
こうすることで、トマトの旨味が凝縮される。

焼けたトマトを取り出し、その中に更にオリーブオイルを入れ、刻んだにんにくをいれて弱火で焼き、香りを出す。
1cmくらいの厚さに切ったベーコンを入れ、更に焼いて油を出す。

ベーコンに焦げ目が少しついたら水を加える。
その中にブイヨン、中華スープの素、スープカレーの素を加え、沸騰したらスープの出来上がり。

沸騰する間に野菜を素揚げする。
ブロッコリーを一口大に切り、素揚げする。中火でしっかり揚げよう。
レンコンもパリッとするまで揚げる。

オクラは頭をとって挙げ、ししとうは爆発しないように包丁で何度か刺して穴を開けてから揚げよう。
綺麗なグリーンになったら油から上げていい。

皿に焼いたトマト、揚げた野菜を盛りつけ、ベーコンと共にスープを注ぐ。
ご飯は別皿に盛り、カットしたレモンを添えて出来上がり。

写真取るの忘れた・・・w
作ってみるとわかるけど、ものすごい簡単。
かつ旨い。
たぶん、ガラムマサラとか加えるとさらにスパイシーになっていいかも。

素だけだと旨味成分が足りないので、ブイヨン、鶏がらスープとベーコンの旨み、にんにくの香りを足してみた。
意外に本格的な味わいになったのでおすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)