【ぐんまのやぼうの作者】こういう生き方いいなぁ。

スローアプリ、ぐんまのやぼうを作った人の記事なんだけど、なかなか面白い。

働きたくないでござるをこじらせて法人成りをしてしまったという。

でも基本はやっぱり働きたくないらしいw

iPhoneアプリで食べていく――「ぐんまのやぼう」ができるまで (1/3) – ITmedia ニュース

Gunma’s Ambition App
カテゴリ: ゲーム
価格: 無料

iPhoneアプリを作った理由

人と会わなくて済むかららしい。

なんともはや、引きこもりたいという気持ちが恐ろしいほど伝わるね。

不労所得で暮らせるようになるのが目標なんだって。

何ともうらやましい。

自分も極力面識のない人と会いたくない、引きこもり体質なので。

ITの世界ってすごい

こういう生き方って昔は出来なかったと思うんだよね。

どこかに勤めないと生きてけないし、フリーでやるにしたって人と接触しなきゃならない。

だけど、アプリの公開は人との接触がほぼない。

アプリを作って審査が通れば公開され、売れれば広告料なりダウンロード料金が入る。

メールでのやりとりとかそんなもん。

アプリレビューは酷いのばかりだけど、あれさえ見なけりゃ人の接点なんて無いのも同じ。

Sparrowが買収されたのもすごいと思ったけど、こういう生き方が出来るのもまたすごい。

無能な上司に案を握りつぶされることもなく、ただ市場の評価のみを受けられる。

ユーザーサポートだって別にしなくてもいい。

売れるか売れないかは別だけど。

結局この人は接点が出てきてるみたいだけど

有名アプリになるとコラボやらグッズやらの打ち合わせで人と会う機会が増えちゃってきてるみたいだけどね。

不本意らしいw

でもこういうスローな生き方ってしてみたいな。

極力人と会わないで生きていくにはって考えてるのが面白いw

努力してない訳じゃない

かといって、努力してない訳ではない。

ただ人と極力会いたくないってだけの話であって、アプリは月1〜5本をリリースする剛の者。

ひたすら数を打ちまくって、その中でヒット作を生み出している。

結局は努力しなきゃ駄目だってことだけど。

この人の場合は人極力合わなくても食っていく方法を考えることに努力してたって事であって。

自分もそれに向かって努力してみようかなw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)